Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
レディアントマイソロジー3
スパロボの感想だと思っただろう?残念だったな!
<挨拶

ジョーです。ごきげんよう。

ちなみにスパロボZIIは日曜日に26話「ギアスVSギアス」までクリアしました。コードギアスが何か原作の全てのエピソードを網羅するんじゃないかって勢いでストーリー組まれてるのが、まあ嬉しいんだけどちょっとやりすぎじゃね?っていう。

後、BGMいいですよね。主題歌アレンジの方は色々と残念だったりするんですが、BGMの方はどれもこれも素晴らしい。ギアスの戦闘曲とか、00のトランザムの曲とか、ガンダムWの「思春期を殺した少年の翼(これだけ正式な曲名知ってた)」とかな!ウイングガンダムのBGMは通常形態もこっちに設定して使ってるよ!

というわけで。何やらこのままスパロボZIIの感想が書けそうな勢いですが、今日の話題はテイルズです。


○テイルズオブザワールド・レディアントマイソロジー3 PSP・バンダイナムコゲームス
通称「TOW3」。バンナムがスポンサーやってる番組だと平野綾が「世界樹は寂しがってないかな?」って言って始まるCMを最近までやってたわけですが、それですよそれ!今はその枠は3DSのアビスに変わってるっぽいですが。

と言うわけで本作。いつの間にやらシリーズ10作を超えるような人気シリーズになっているアクションRPG「テイルズオブ」シリーズの歴代作品からキャラクターが集結し、夢の饗宴を果たすというレディアントマイソロジーシリーズの第三作であります。操作可能キャラは総勢70名以上!という大ボリューム。全シリーズ・全キャラクターを知っている人は筋金入りのファンだと言っても良いかと。ちなみに、俺は半分も知らない。しかしそれでも楽しめるのはスパロボに通じるものがあるなあと。

で、今までの1,2は俺は存在を知っててもスルーしてたんですが、今回は何度も言っているマイフェイバリットのテイルズオブシンフォニア・ラタトスクの騎士からエミル&マルタ&リヒターが参戦すると聞いたので、満を持して手を出した次第。うむうむ。懐かしいなあ。しかしこやつら、ギルドの初期メンバーに含まれているので、本作のヒロインであるところのカノンノと合わせて、主人公・カノンノ・エミル・マルタというパーティが早々に結成される運びになり、他のキャラクターを使う機会が重要任務だけになってしまったという。べ、べ、別にこいつら以外も好きなキャラとか結構居るんだよ?

主人公の話が出たのでついでに説明しますと、本作にはキャラクターメイキングが可能な主人公がおりまして、性別から身長から顔から髪型から声から決めポーズまで色々とカスタマイズが出来るわけです。髪型はそれはもう、制作がバンナムであることをいいことに某アイマスの皆さん風の髪型とか、某軽音楽部の皆さんの髪型とか、某ボーカロイドの髪型とか用意されております。と言うわけで俺は主人公をイオリと命名。それはもう流れるように。色々選べる上に途中変更も自由自在な職業は、俺は剣士でスタートして双剣士にクラスチェンジという王道ルートで。

付け加えますと、主人公だけは装備する武器防具を変更するとそれがグラフィックに反映されます。それを利用して歴代キャラクターのコスプレ装備とかもあるわけですが、しかしこの片手剣の「長ネギ」って何に使うんだろうなー。さっぱり分からないなー。まさか双剣士で両手装備させるわけじゃないしなー。

それで、このゲームの流れは、記憶喪失の主人公がカノンノと出会ってギルドの一員となり、世のため人のためにクエストをこなしていき、そして気が付けば世界の危機を救うことになるという実にオーソドックスなもの。余りこのゲーム単体としてのストーリーの盛り上がり的なものは期待してはいけない。TOW3オリジナル設定になっているとは言え、やはり歴代キャラクターのこいつとこいつが出会ったら〜みたいな、キャラクター同士の掛け合いを楽しむのがファンの特権であります。

と言うわけで、キャラクターですよ。カノンノいいよねカノンノ。担当声優は平野綾。って、おい誰だ平野綾の悪口を言っているやつは。平野綾はいいぞ!声優としては!声優としてはすごくいいぞ!異論がある人もない人もとりあえずみんなこのゲームを買えばいい。カノンノさんは最初の頃は非常に残念な子扱いだがー。いや、最後まで割と残念な子扱いだがー。大剣を振り回して近接戦闘、距離をとって攻撃魔法・回復魔法と、どんな局面でも万能に使えるとても優秀な魔法剣士でー。まあぶっちゃけると、可愛いからいいんじゃないか。最初の頃は主人公に対してギルドの仲間として接しているカノンノが、ラスボス戦後にはデレ期に入るわけですが、俺の使っている主人公は女キャラなわけで、俺のカノンノさんには百合属性が追加されるという愉快な仕様になるわけです。これは新しい。

マイソロ3のオリジナルキャラと言えば、まあ大したネタバレでもないので普通に書くと、ラスボスのラザリスについても是非とも言及しておきたいところ。担当声優が佐藤聡美なわけですが、この中性的で、少年とも少女とも言えないようなキャラクターを、割と少年寄りのゾクゾクする演技で演じておられました。て言うか、ラザリスは演技に超気合が入ってる。誰だよラザリス役に佐藤聡美を連れてきたやつは!グッジョブだ!佐藤聡美は上手いなあ。今俺の中ではFAIRY TAILのウエンディの人だけど。それを言うなら平野綾もFAIRY TAILのルーシィの人だけど。それを言うならマルタ役の釘さんもFAIRY TAILのハッピーの人だけど。ここで突如立ち上がるまさかのFAIRY TAIL最強伝説。余り感想書きませんが毎週楽しみに見ています。

その他、ゲーム性としましては、シリーズ伝統のアクション戦闘は相変わらずの面白さ。プレイヤーキャラで如何にコンボを繋げるか?というのもありますが、それ以上に、自分がコンボで相手を足止めしていれば後方から仲間が魔法で援護してくれるはずとか、敵二体の内の一体は自分が引きつけておけばもう一体を三人がかりで各個撃破できるはずとか、戦略的な立ち回りまで考えるとより面白く。また、敵を倒したり宝箱を明けたりすると武器やら素材やらが大量に手に入るので、本拠に戻ってからの装備のスキル合成や強化も面白く。基本的にキャラゲーなんだけど、やり込み要素までしっかり作ってある辺りは流石テイルズであります。

後は、攻略の方。これもある意味シリーズ伝統ですが、レベル上げとかしないでストーリーだけガンガン進めていると、中々キツイですね。特にボス戦が。特にテイルズキャラとの一対一が。テイルズキャラとのタイマンはサブイベント扱いなので、無理にクリアしなくても十分にレベルが上がってから挑めば、近接職ならLv50〜でレディアント装備を手に入れる辺りからは、相手が誰でも大抵楽勝になるかと。まあ、ボス戦でも何でもそうですが、レベル上げは重要。詰まったらレベル上げが基本。連れて行くキャラとか愛があれば誰でもいいですよ。レベル70までは控えキャラもメインキャラ連動でレベル上がりますし。

で、このゲームの最終目的はまあ人それぞれだとは思いますが、隠しダンジョンの最深部で待つ「ファンタジア」のラスボスのダオス様と「シンフォニア」のラスボスのユグドラシル様を撃破するのが一つの区切りにはなるわけです。その前の本編のラスボスのラザリスはレベル70位で戦うことになるわけですが、こやつらはそんなレベルではあらゆる意味で倒せないと言うか、そもそもその前のサレorバルバトス戦に勝てないくらいの勢いです。と言うわけで、俺もこやつらを倒すために隠しダンジョンに篭ってひたすら修行。上位レディアント装備が着れるようになるレベル144まで上げてから再戦したら余裕だった。うん。全く役に立たない攻略情報で申し訳ない。

強いて言うならアレですよ。俺的に効率がいいレベルの上げ方。隠しダンジョンにて雑魚敵が妙に強くて妙に経験値を一杯持っているのは、アレは隠しダンジョンではバトル難易度が強制的にハード・マニア・アンノウンと上がっていくからです。ということで、レベル70位なら無理に隠しダンジョンに篭らなくても、自分で難易度をハードなりマニアなりに設定して、自分が倒しやすい雑魚敵が出てくるダンジョンに篭ればよろしい。それで、マニアでも楽勝になったら、その上のアンノウンの難易度になるのは隠しダンジョンだけなので、隠しダンジョンの17層以降で稼げばよろしい。ということで。まあご参考までに。


と言うわけで。まあなんですかね。歴代テイルズシリーズで一つでもお気に入りがあれば更に楽しめるけど、これ単体でも十分楽しめるぞ!というナイスな仕上がりになっておりましたマイソロ3。声優ゲーとしても、古くはファンタジアの草尾毅・岩男潤子のコンビから、新しいのはグレイセスの櫻井孝宏・花澤香菜コンビまで、ここ20年位の人気声優さんがほぼ網羅されていると言って過言でないというある意味凄いゲームなので、歴代テイルズシリーズのファンから、これを期に手を出してみようかと思った新規さんまで、割と万人に進められる良いゲームでした。次回作にも期待!



テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3


○今日のニコニコ


今期は余りにも釘充過ぎるので、緋弾のアリアとアスタロッテのおもちゃは、どっちか片方は来季に回してくれないかなーと思うんです。同時にやるにはもったいないよ!
0
    | ゲーム感想文 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback