Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
MHP3、始めました。
神戸に出張中だけどちょっとだけ更新するよ!
<挨拶

ジョーです。ごきんげんよう。

発売されましたね!MHP3!やっぱ面白いね!

今日も移動の新幹線の中でポチポチやっておりました。狩りに行くのはガチャガチャうるさいだろうなあってんで、採取クエと農場を中心に素材集めとポイント集めなどなど。地味ながらも、実に有意義であった。

というわけで。今日はMHP3の感想など書いてみようかと。あ、微妙に関係ないんですけども、昨日ブログのホットワードランキングにて、MHP3のライバルモンスター「ジンオウガ」がランクインしてたから関連ブログをチラチラ読んでて思ったわけですが、何でこう、モンハンのことを扱ってるブログってあんなメモ風なんでしょうね。

・○○作った!
・○○倒した!
・今HR○○!

いや、そう言う情報がメインなゲームだとは思うわけですが、もうちょっと物思うところはないのかよって思うんですけどね。まあ、世の中の大半のブログはただの馴れ合い日記だったりするわけで、誰かに対して有意義な情報を発信しようという努力などするつもりもそもそも無いのかもしれないわけですが。

と言うことを書くと自分が書く感想のハードルが上がったりする気もしますが、俺の場合はむしろいつも感想が無駄に長いのでそっちの方が問題だったり。うん。いつも問題だなあとは思ってはいますよ一応。


○モンスターハンターポータブル3rd PSP・カプコン
というわけでMHP3であります。ちなみにこの一週間でどの位やったかと言いますと、プレイ時間がおよそ30時間で、村の☆5が受注できるようになったあたりであります。

いやあ、最初ヘビィ縛りで行こうと思ってたんですけどね。途中でふと見てみたら、何故かライトの方が攻撃力的にも上みたいな状況になっていることに気がついたのでライトに乗り換え。でもライトでも弾代がかかりすぎるので、序盤の財政状況では存分に戦えないので剣士に乗り換え。結局のところ、MHFでものすごくお世話になった双剣を使うことにしました。

ということでメインは双剣で、こちらは全派生を試す勢いで生産・強化中。防具はMHP2Gでもお世話になった虫装備(MHP2Gではハピメル)ことファルメル一式。ファルメルさんの凄い所は、達人、耳栓、雷耐性と性能もまあまあながら、何よりも胴装備に羽が生えてるのが気に入ったわけで。月光蝶かエウレカか。パピヨンとは呼ぶな!

ファルメル一式を下位の限界っぽいLv7まで鍛えまして、護符込み防御が178です。これは硬い。ちょっとやそっとじゃ死なない。双剣も某緑ゲージが長いと噂のユクモ双剣を作ったので、これはもう特攻して乱舞するだけの簡単なお仕事ですよ。いいんじゃないかファルメル。キー素材のオオクワアゲハが甲虫の香液からしか入手できず、ムチューリップとのコンボでも中々出ないという一点を除いて、対ジンオウガの攻略用にはいいと思います。デフォで雷耐性15ある上にスキル「雷耐性」だからなー。別に対策したかったわけでもないんだけど。

それで、昨日は同期達といつものように集会所(会社の近所の空いてるロッテリア)にて、初のセッションを試みたわけですよ。したら、皆が連れているオトモアイルーは申し合わせたように「ティガ」「レウス」みたいな引継ぎ特典アイルーだったのに対して、俺が連れて行ったのは「エイラ」。

(・x・)ムリダニャ

なんか文句あるか!ウチの特典のナルガたんでも連れて行ってれば満足か!俺は満足じゃねえんだよ!って言うか誰ももちろん元ネタ知らなかったよ!

というわけで。俺のオトモアイルーメインの2匹は、蒼の「こざかしい」ブーメラン使いエイラと、白黒の「主人愛」近接と爆弾のサーニャであります。フリーガーハマーをイメージすると爆弾は外せない。そして二人とも「オトモ同士のきずな術」装備。片方が倒れたらもう片方が覚醒します。戦闘時のBGMには「Sweet Duet」が流れます。嘘です。

オトモアイルーは完璧に趣味に突っ走っているので、実用性など飾りです。初期の二匹は「フィリップ」「ショウタロウ」だったわけで、今現在は、爆弾で吹っ飛ばされて「おのれディケイド!」と言いたいがためだけに赤トラ「ディケイド」雇いました。オトモアイルーの名前自由につけれるシステムはいいなー。

余談ですが、MHP3が出てから異常にツィートの頻度が上がった我らがヤマグチノボル先生は、オトモの名前をルイズとかにしているんだろうか。その場合、もちろんエクスプロージョンの爆弾だよな!もう一匹は何なんだろう。というか先生既に上位で暴れまわってて、新刊の刊行スケジュールが心配です。前言ってた角川からの献本ってなんだろ。素直に考えるといらん子中隊シリーズ新刊なんだけど無いよなあ…。

閑話休題。最後にぜひぜひ触れておきたいなあと思っていたのがエンディングの話。ネタバレってほどでも無いから書きますと、トライのメンバーがゲスト出演してたのが素晴らしかった。

最初にチャチャが居たから「お?」って思ったわけですが、モガの村の名物受付嬢の人とか、懐かしのメンバーの元気な姿が見れてちょっと涙が。トライは確かにあった。トライがあったからMHP3がある。モガの村を拠点にお前達と狩りをした日々、決して、決して無駄ではなかったぞ…!

正直、MHP3はストーリーがかなり微妙なので、その点に関してはトライの方が良かったなあと。ラギアクルスもナバルデウスも最高にカッコ良かった。今回は水中戦闘が無いのでこいつらカットされたのはしかたないとしても、せめてあの個性の塊のような受付嬢さんは出てきて欲しかったなあ。村長さんとチェンジできんですか。無理ですかやっぱ。そこだけは本当に残念だ!きっとトライやった人は皆そう思ってるに違いない。て言うか水没してない水没林ってどうなんだ実際。


そういうわけで。最後は若干愚痴入りましたが、基本的にはトライベースに遊びやすくボリュームも増して、十分に遊ぶに足るソフトに仕上がっておりますMHP3。ゲームバランス的には従来より簡単になってる気がしますので、いいタイミングですから新規さんもやってみてはどうでしょうか!一狩り行こうぜ!


モンスターハンターポータブル 3rd

0
    | モンスターハンター | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback