Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
ちょっとだけスパロボL/他
明日は!MHP3の発売日!
<挨拶

ジョーです。ごきげんよう。

突然ですがウチの会社にはアニバーサリー休暇の制度が導入されておりまして、自分の記念日だと言いはれば年に二日ほど休暇が貰えるわけですが、俺の場合、自分の誕生日は休んだわけですが、もう一日の使い所が微妙だったので保留しており、じゃあMHP3の発売日こそ我がアニバーサリーに違いないと、今!正にこの時!使おうと思っていたわけですが、何か急に忙しくなって休めなくなったわけですね。よくある話で。

という話を会社で同期達としていた時のこと。

「いやー。MHP3の発売日休むの無理になったんだよ!」
「え?マジ?お前今度は何のゲームが忙しいの!?
「お前ら俺を何だと思ってんだよ!?」
「ゲーマーだと思ってんだよ!」

忙しさアピールをする場合においてもやはり、日頃の信用が大事であるという得難い教訓を得ました。しかしそれにしても「こいつは仕事とゲームを秤にかけたら恐らくゲームを取る男だ」位に周囲から思われているのは、1ゲームファンとして鼻が高いね!社会人としては終わってるね!

しかし俺の周りにいる連中も中々面白い人達で、

「MHP3の発売に合わせて休暇予定組んだら嫁に温泉旅行の予定を組まれた!」
「昨日から息子が熱を出しているので休む口実が出来た!」

こいつらもレベルとしては俺と大して変わらない気がするけどなあって話ですよ。恐るべしMHP3!早く来いMHP3!ベテランも新規さんも皆でやろうMHP3!

と言うわけで。皆さんまったりじっくり楽しみましょう!この祭りを楽しんだもん勝ちだ!


○タクティクスオウガ 運命の輪
とりあえずクリアしました。やー。良かった良かった間に合った!

PS版リメイクやった頃からロウルートのシナリオが好きだったので今回も「理想のためにこの手を汚しましょう」ルート一直線だったわけですが、いやあ、やっぱいいですね!このデニムの確信犯っぷり!このルートのデニムは夜神月並の開き直りを見せてカッコ良すぎます。ライバルのヴァイスもやたらカッコイイ立ち位置で、専用クラスは貴重なダブルアタック持ちだしな!使ってないけどな!

シナリオ面では、ランスロット以外の暗黒騎士との台詞の応酬が増えたりして、その辺りのキャラのバックグラウンドも掘り下げられていい感じなんですけど、やはり強烈に印象に残るのは前作から引き続き登場する台詞。

「縛り付けた覚えなど無いな。彼らは力で支配されることを望んだのだ。」
「被害者でいる方が楽なのだ。弱者だから不平を言うのではない。不満をこぼしたいからこそ、弱者の立場に身を置く。彼らは望んで”弱者”になるのだよ」
(二人のランスロット)

一番好きなのはやはり何と言ってもこのシーンでしょう。名場面過ぎる。暗黒騎士ランスロットの方が聖騎士ランスロットより明らかに正論を言ってるんだよなあ。社会人になってからこの場面を見るとまた味わい深い。

「己を棄てろ、大義のための礎となれ。現実をきちんと見据えて、より良い選択肢を選ぶのだ。お前は次の世代のために道を作るだけでよい。それを忘れるな」
(父と娘)

10代にして解放軍を指揮する英雄であり、望めば国を支配することも可能になった息子を前にして父が残す最後の言葉ですよ。俺の中のゲーム界カッコイイ親父ランキングでパパスと双璧かもしれん。

いやー。いいセリフ多いです。もう堪らんな!

バトル面では、今回は、ラストバトルが非常にシビアな感じでした。ネタバレは避けますが、同Lvであんなに強い敵部隊と戦ったのは始めてだな!もうちょっと手加減しろよ!

ちなみに、前作では最終決戦直前に手に入る武器が実はラスボスと同属性扱いなので、ノリで装備して挑んだらラスボス戦では苦戦必至という酷い仕様でしたが、今回はそれ以前に装備可能Lv30の壁に阻まれて装備不能というもっと酷い仕様でした。敵Lv24なのにな!

しかし面白かった。DLCと攻略本が出たらやり込み要素に手を出そう。


○スーパーロボット大戦L ニンテンドーDS・バンプレスト
最近マイブームな「防水装備をした携帯ゲーム機を半身浴がてら風呂に持ち込む」という習慣に関しまして、先日ゴッドイーターバーストやろうとしたところ、思いの外PSPのアナログパッドが押し難かったので、これは風呂でMHP3やるのは無理だと判断し、タクティクスオウガに続く風呂ゲーとして白羽の矢を立てた次第。

と言うわけで本作。一話目からマクロスFのシナリオトレース全開でインターミッションが長くて辛くてやるのやめようかとか思ったんですけど、まあそこを抜けだしたらいい感じでした。ノリはクロスオーバー全開なスパロボWに近いかもしれない。つまり楽しい。

まだ3話目ですが、とりあえず、インパルスガンダムの武器に「エクスカリバー」とか普通にあってビビったりしましたが、使ってみると毎回ソードシルエットやらブラストシルエットやら射出される塩梅になっておりました。強すぎないかインパルス。そんな装備で大丈夫か?大丈夫だ。問題ない。マクロスFの連中も十分強い。

そしてシナリオ面。「ラインバレル」一話にて、浩一がカレーパンを買いに行かされるわけですが、その役回りが何故かシンジ君でした。

「おい碇、カレーパン買ってこいよ!」

もう名作の予感しかしないぜ…!と言うか何なんだあの学校。後のスーパーロボットパイロットが揃い過ぎだろう。とんでもねえカオス。

と言うわけで。こちらも毎日コツコツとまあまったりやっていきます。


○今日のニコニコ


まあ何だ。絵師さんグッジョブ。
0
    | ゲーム感想文 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback