Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
Civ5/タクティクスオウガ/俺の嫁やってみた。
とうとう来週はMHP3発売ですな!
<挨拶

ジョーです。ごきげんよう。

と言うわけで。今更言うまでもなく、10月末から欲しいゲーム続出で、しかも片端からゲットして回ってる関係で絶賛秋の(既に冬の)ゲーム祭り中なわけですが、来週からはMHP3をやらねばならぬわけで、この辺でゴッドイーターバースト以外もそれぞれコメントしてみようかと。


○シヴィライゼーション 5 日本語版 PC・Take-Two Interactive Japan
言わずと知れた大作ストラテジーシリーズ「シヴィライゼーション」の最新作の日本語版であります。知らない人のためにざっくり説明しますと、プレイヤーは自分の国とその指導者を選択し、他のプレイヤーの指導者と、古代から始まり未来に続く架空の歴史を舞台に世界の覇権を争うわけです。勝利条件は色々ですが、分かりやすい辺りでは他の文明を滅ぼすとか、変わり種では宇宙開発に一番乗りするとか。様々な勝利条件のどれかを最も早く達成したプレイヤーの勝利なわけです。

でまあ、本作は大変評判が良かった「4」の続編なわけで、その4と比べて何が変わったかって話ですが、4亀さんの記事に詳しいので本気で興味がある人はそっちを読んでもらうとしまして、ここでは俺のちょっとやった感想など。

・画面の綺麗さはガチ。
・OPムービーが実写のように綺麗だ!と思ったら本当に実写だった。
・徳川家康に変わって登場した日本代表・織田信長強い。(主に戦闘ボーナスが)
・アルファベット無双が無くなって外交バランスがまったりした。
・戦闘ユニットがスタックできなくなったのでデススタックの行進が見れなくて寂しい。
・ちょっと領土を拡大しただけで気軽に宣戦布告されて困る。
・蛮族がウザイ。
・やっぱマップエディットにフラクタル欲しいなあ。
・遺跡を巡っていくと、斥候がどんどん強くなる。槍兵とかになる。当然移動力下がる。それはもう斥候じゃない。

まあ何だ。4亀さんの記事にもありますが、要するに煩雑気味だった操作を減らしてまるっとしたシステムになっておりました。なので「4」から入った人にはちょっと物足りないかも。例えるなら、マニュアル運転に慣れた人がオートマの車に乗って楽しくないと感じる感じ。まあ悪いとは思わないですよ。ゲームとしてはいい出来。ちょっと物足りないってだけで。

そんなわけで、まあ極めるには膨大な時間がかかるゲームですので、とりあえず何度か遊んだ後放置しております。まだ買ってなくて迷ってる人は好きなら買ってもいいと思いますけど、待ってもいいのなら、拡張パックとか出るのを待つのも一つの手かと。現状は良パッチ待ちかなー。


○タクティクスオウガ 運命の輪 PSP・スクウェア・エニックス
時は1995年、スーパーファミコンの時代に発売された(当時の発売元はクエスト)、魅力的なシナリオ・世界観と、シビアで奥深いゲームバランスで根強い人気を誇るシミュレーションRPGのリメイクでありますよ!本当はスルーする予定だったんですけども、Twitterで中村悠一が凄い楽しそうでな。DL販売してたので買ってしまったという。DL販売ってダメなシステムだよなー。家に居るまま、好きなゲームが即買えて遊べてしまうって言う。ゲーム好きのダメ人間は手を出してはならない禁断のシステムだ。

と言うわけで本作。実に楽しいです。さすがのゲームバランス。昨今の温いゲームに慣らされた身が引き締まる思い。パーティのレベルより4くらい上のドラゴンが4匹くらい群れをなしてやってきた時の阿鼻叫喚ったらもう。純粋に強大な戦力の前には戦術など無意味だぜっていう!で、ちなみに本作のリメイク要素は以下の感じ。

・グラフィック刷新。(パッと見は分からないけど)
・新キャラ・新エピソード追加。(無料DLC配信もあるらしい)
・クリア後、好きな場面にワープできるシステムが解放。(ドリームチーム結成!)
・クラス別共通レベル制の採用。
・盾がそんなに強くない。(ダブルアタック上等!好きな武器で遊べ!)
・ドラゴンなどLサイズユニットが強い。(とにかく硬い。ブレス強い)
・スキルシステム導入。
・トレーニング廃止。(ランダムエンカウントでレベル上げろ!)
・汎用クラスは男女やアラインメントに関係なくクラスチェンジ可。
・各クラスが装備できるものに色々と制限が。(弓無双ではない)
デニムがとにかく硬い。そうそう死なない。

最初戸惑うわけですが、慣れてくれば攻略を進めるのにレベル上げの手間が要らないバランスになっていることに気がつくわけで。結構テンポいいんですよこれが。まあその代わりと言っては何ですが、スキルシステムとかレベルアップボーナスの影響で、初期から使い続けてるキャラがとにかく強くなるので、後半になって高レベルの固有キャラが仲間になっても即戦力としては魅力に薄いという。まあ俺の場合、今回は主人公以外女キャラ騎士団結成という野望を掲げてゲームを始めたので、主力が汎用キャラなのでそんなに問題ないわけですが。使ってる固有キャラは、カノープス(後に妹と交換予定)と、ラヴィニス(新キャラ)と、オリビア(4姉妹の青プリースト)だけかな。後はまだ入ってないけどカチュア姉さんかな。

ちなみに最初すごく迷ったのがカノープスの育成方針というか使用武器です。ヤツは初期から斧Lv2と弓Lv2でそれぞれ必殺技が使えるので、後まあカノープスなので、伝統的に弓を使わせたいところなわけですが、ヤツのメインクラスであるヴァルタンは片手斧と片手弓しか使えないわけですよ。なので、特化した強力な武器を使わせたかったら、全部装備できる(らしい)槌とか弩を使う方がいいんじゃね?っていう。

結果的には俺はカノープスには弩を使わせたわけですが、これはなかなか良いです。しばらくは弓の方が当然強いんですけど、Lv2になって必殺技を覚えると、弩の最初の必殺技が遠距離の高威力範囲爆撃なんですね。これマジ強い。敵の後衛をまとめて1撃で葬れるので実に重宝しております。オススメ。

進めていきますと、やはり本作の最大の魅力はやり込み要素だなーと気付きます。シビアなバランスだからこそのキャラクターを育てる楽しさであるとか、装備を集める楽しさとか。それが苦痛でないのはやはり良いゲームだからですね!最近の腐り切ったスクエニには似つかわしくない良リメイクでありました。「当時のスタッフが結集」は、勝利の合言葉だな!


○俺の嫁 〜あなただけの花嫁〜 Xbox 360・アイディアファクトリー
Xbox360で出たラブプラス!ただただ嫁とイチャイチャするだけのゲーム!嫁は性格毎に声優も選べるぞ!ってことで、Wikipediaから引用。

* お姉さんタイプ(声:生天目仁美、伊藤静)
* 幼なじみタイプ(声:広橋涼、生天目仁美)
* 妹タイプ(声:釘宮理恵、斎藤千和)
* 感情希薄タイプ(声:斎藤千和、名塚佳織)
* おっとり天然タイプ(声:広橋涼、名塚佳織)
* ツンデレお嬢様タイプ(声:釘宮理恵、伊藤静)

ダウンロードコンテンツ

* 妹タイプ(声:花澤香菜)
* ツンデレお嬢様タイプ(声:加藤英美里)
* 幼なじみタイプ(声:後藤麻衣)

さあ好きなのを選べ!っていう。これはもう声優ゲー。目当ての声優さんが居るのなら楽しい!居ないなら手を出すな!という潔いコンセプトが素晴らしい。

数々の猛者たちに揉まれて長らく積んでいたのですが、タクティクスオウガでレベル上げ(アゼルスタンイベ用)の戦闘をAI任せでやってたらちょっと暇になったのでやってみました。まずは小手始めにDLCの花澤香菜(妹タイプ)をプレイ。妹の花澤香菜だと千石撫子とか思い出しますが、まああまり嫁って感じではないので、まさかの逆本名プレイ。嫁の名前を「花澤香菜」に!したら破壊力凄すぎワロタ。

ジョー「夕食後、香菜とイチャイチャした。」

いや、本当、このゲーム考えた人天才だと思うわ。

ちなみに、このゲームはヒロインが嫁になったら、アイマスみたく私服をコーディネートできるわけですが、上半身・下半身の他に、眼鏡と頭がエディット可能です。頭ってのはカチューシャとかな。で、まあ、眼鏡なんですが。まずはウチの香菜を見ていただきたい。

俺の嫁(眼鏡あり)
眼鏡あり。

俺の嫁(眼鏡なし)
眼鏡なし。

いかがだろうか。

……いや、何だ。ここは「ほらほら!眼鏡があると超可愛いでしょ!」って趣旨のことを言いたかったんですけども、何かこう、並べてみると、甲乙付けがたい気が。まあ何だ。つまり何だ。俺の嫁超かわいい。

ちなみに余談ですが、噂の風呂で嫁に背中を流してもらうシーンですが、アレは1枚絵のCGと見せかけて、実はあの風呂のシーンだけはアニメーションします。スタッフはアホです。

と言うわけで。もう花澤香菜の「お兄ちゃん!」は、3年分くらい聞いた気がしますが、このゲームはやはり声優ファンにはたまらない。どの性格の嫁もひと通りプレイしてみたくなるような謎の中毒性は確実にありました。興味のある人は是非是非。

それにしても、DLCのコスチュームは、Yシャツの方が裸エプロンよりも人気な辺りお前ら分かってるなと言わざるを得ない。


○今日のニコニコ


やっぱ次は王道のツンデレ釘宮かな!感情稀薄の名塚佳織も興味津々ですが!
0
    | ゲーム感想文 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback