Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
ストライクウィッチーズ2第7話「モゾモゾするの」
おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『ストライクウィッチーズ2第7話「モゾモゾするの」を見終わったらいつの間にかBDを注文してた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが おれも何をしたのかわからなかった 頭がどうにかなりそうだった… 『パンツじゃないから恥ずかしくないもん』だとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

<挨拶

ジョーです。ごきげんよう。

何か既視感を感じたとか思った人が居てくれると嬉しいかもしれない。せっかくなのでまるっとコピーしてみました。注文するところまで含めて。

というわけで。ストパン一期の神回と名高い第7話「スースーするの」から二年ですよ。歴史は繰り返す。その間、僕たちは変わらなかったというわけじゃあない。進歩していなかったわけじゃあない。ただただ、制作側が僕たちの想像を凌駕してきたというだけのこと。故に、この話を見てフィーバーすることは自然の摂理であって悪ではない。侮るな。アレはただのズボンではない。毎週進化するズボンだ!!

というわけで、以下、大変けしからん第7話のストーリーを追っかけ。今ならやろうと思えばニコニコチャンネルから簡単に画像がキャプれるわけですけど、万が一の角川さんの圧力が怖いとかいう以前にウチのブログがアダルトカテゴリに仕分けられると困るので、普通にテキストでございます。ご了承を。


○ストライクウィッチーズ2第7話「モゾモゾするの」
まずは冒頭。ファーストカットは、夜間哨戒から帰ってくるサーニャの尻から。あ、ああ……、何だろう。2年前にもほとんど全く同じようなことがあっていきなりどんなアングルだよとツッコミを入れたような気が…って、カールスラント人が寝るときは脱いでるとか、寝ぼけたサーニャがエイラのベッドに倒れ込んで驚いたエイラが目を覚ますところまでなんか見覚えがあります!坂本さん!

「しょうがねえなー」

ああ、何だろう。ここまで一緒ならむしろ「キョウダケダカンナー!」じゃないことに違和感すら感じる。しかし、だからと言って、ここでエイラが「しょうがねえなー。今日だけだかんなー」って言い出したら、それはそれで二人の間の距離感を感じて嫌だ。つまりこれは、そういう「しょうがねえなー」だ。
 一方、朝早くから朝練に精を出す坂本さんと、昆虫採集に精を出すルッキーニ。

「面白い虫見付けたー!」

だが待って欲しい。その面白い虫、どこからどう見ても小型ネウロイではないか。さすがルッキーニだ!虫と間違えてネウロイ捕まえても何ともないぜ!


○「では、今日は自由行動です」
朝のミーティング。基地に風呂が完成したので昼から入れますという話をするミーナさん。早速風呂に入りに行こうとするルッキーニ。風呂は昼からだと止められるルッキーニ。ルッキーニちゃんマジ大物。

「風呂に入れるまでまだ時間がある。と言うわけで、風呂に楽しく入る方法があるんだが」
「え!何なんですか!坂本さん!」
「訓練で汗をかけ!全員、基地の周りでランニングだ!

俺達のウィッチーズに自由行動など無かった。いや、違う。自由時間は1分で終わった。お父さん。お母さん。第501統合戦闘航空団は怖いところです。
 一方、残った坂本さんとミーナさんは、ミーナさんが最近事務仕事に追われて出撃できず、ネウロイの撃墜スコアが199機で止まっているとかそんな話を。ああ、見える!この時点ですでに、今週の話のオチが見えるよ!


「ズボンの中に何かいるの」
ランニングを終え、風呂に入ってキャッキャウフフを終え、風呂から上がったウィッチーズ一同は着替え中。しかしその時、リーネのズボンの中に件の虫が!ということで慌ててズボンと言う名の下着を脱ぐリーネ!リーネの尻はどこからか差し込んだ太陽光がキッチリガード!そして虫は標的を変え、エイラのズボンへ!

「ズボンの中に、何かが…!」
「それって…」
「きっと、虫です!」
「虫ー!?」
「見せてっ!」
「虫ー!!」

芳佳はまず、見たいのは虫なのか尻なのかハッキリするべきだ。大変紛らわしい!まるで虫に興味があるかのように誤解されかねないじゃないか!そしてルッキーニはどんだけ虫が好きなんだ!お前さっきから虫しか言ってねえよ!
 そしてエイラの尻を飛び立った虫は、今度はペリーヌのズボンへ侵入。

「ペリーヌさん、脱がないと!!」

芳佳はどんだけ尻が見たいんだ!


「私に任せろ!」
虫が通ったところは停電が発生するということで、真面目な対策が議論され始める。と、そこに、謎の機械片手に颯爽と現れるシャーリーさん!

「フッ。話は聞いた。基地内の電気の流れを調べたところ、どうもその虫は停電させる前に特殊な電波を放って電線からエネルギーを吸い取っている可能性がある」
「でもそれなら何で私たちのお尻に?」
「それはしりません」
「そうですか」

まあぶっちゃけ、監督の趣味という名の宇宙の意思だよね。


○「そうだ、あれを使えば!」
と言うわけで「こんなこともあろうかと」開発してあったシャーリーさんの虫探知機は30秒で破壊されたため、虫とのドッグファイトが再開。虫探索の秘密兵器として、ダウジングロッドを取り出すエイラさん。

「ほうほう。こっちか。…え?さ、サーニャ?いや、サーニャのもっともっと向こう…だよな。違う…、絶対に違う!よな…。でももしかしたらそうかもしれないから…。ごくり…!

ダウジングロッドを手にしてから、一直線に寝ているサーニャ(の尻)に吸い寄せられていくエイラ!お客様ー!お客様の中にお医者様かアグネスはいらっしゃいませんかー!?

「ううん…」
「ち、違うこれは!」
「エイラ…」

基地壊滅の危機だというのに何を遊んでいるんだお前たちは!というか何だ、エイラのダウジングロッドが全く自重しないな!エイラ自身は予知能力の使い手だというのに!何とご主人様思いなダウジングロッドよ!


○「だったら脱いでみろ!」
虫を追って花畑にやってきたペリーヌ。の尻に虫侵入。永い戦いに終止符を打つべく、決定的瞬間を虎視眈々と狙うシャーリー&ルッキーニ!ペリーヌがズボンを下ろしたその瞬間、ルッキーニの持った消火栓が勢い良く水流を放つ!!ペリーヌの尻に直撃する水流!ペリーヌが飛んだ!!消えた!!

だが待って欲しい。こいつらは本当に水流でネウロイを倒すつもりだったのだろうか。そんなの無理だろ!常識的に考えて!!お前らただペリーヌの尻に放水したかっただけだろ!!ペリーヌ…。一昨年に引き続いて不憫な女よ。

※参考資料:一昨年の不憫なペリーヌ


○「ちょうど対策を話し合っていたところだ!!」
上空に出現したネウロイを迎え撃つべく、カタパルトで大気中のバルクホルン&ハルトマン。ズボンに侵入してくる虫型ネウロイへの対策のため、ズボンを脱いで出撃!!

「スースーするー!」

いや待て違うんだ。このシーンはそういうのじゃないんだ。つまり、前作の「スースーするの」のセルフパロディがここに完結したことを示す象徴的なシーンであって、二人は寝るときは裸が正義のカールスラント軍人であるわけで、別にやましいところはないんだ!空では誰も見ていない!!


○「あそこです!」「あそこか!」「あそこだ!」
一方、仕事の疲れを癒すために風呂に入っていたミーナさん。風呂から上がってズボンを上げたところで他メンバーが駆けつけてくる。

「今ですわーっ!!」

猛然とミーナに飛びついてズボンを下ろすペリーヌ!そしてすかさず魔眼の力を発揮する坂本さん!

「見えたッ!!」

何が!?一体何が見えたんですか坂本さん!!

「イヤァァァァァッ!!」

思わず全力でズボンを引き上げるミーナさん!そのケツ圧でネウロイを撃墜!!



『数日後、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐は、200機撃墜を讃えられ、勲章を授与された』
〜ストライクウィッチーズ2第7話「モゾモゾするの」完〜


いやぁ。本当にスタッフは愛すべきバカですね!ところで、サーニャの中の人こと門脇舞以さんがTwitterで椎名高志にこのストパン2の7話ネタで元気を授けたらしいと一部で話題ですが、結局サーニャのズボンには一度も虫入ってないよな。モゾモゾしてないよ!入ってきたのはエイラだけだったよ!


○今日のニコニコ


色々と最低だ!
0
    | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback