Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
2010春/夏シーズンの個人的まとめ。
3ヶ月前にも言ったので分かっているとは思うが、当然、ファッションとかスポーツとかの話ではない。
<挨拶

ジョーです。ごきげんよう。

早いもので、アイマスの5周年ライブが今週末に迫ってまいりました。ピンクのシャツとかピンクを中心に各色サイリウムとか買い揃え、ここ一ヶ月はmp3プレーヤーでアイマス曲だけを延々とリピートしてコンディションを整えておりました。今週はL4Uをやり込んで応援の練習をしようと思います。よろしくお願い致します。

ところで、先週の俺的トピックとしましては、Xbox360版のMHFが遂に2週間後の正式サービス開始前のオープンベータを開始したとかあるわけです。俺はせっかく買い置きしておいた7.0パッケのゴルト装備を使うべく、とりあえず5鯖にアカウントを作ってHR5までは上げたりしたわけですが、何かもう面倒くさいのでこのアカウントは放置しそうな感じです。

だってなあ。同じゲームをわざわざ最初からやり直すメリットはほぼ無いし、Xboxのコントローラーだとモンハンやり難いし、どうせやるならPCでやった方が色々便利だからなあ。狩り中に声優ラジオ聴いたりとか。

そういうわけで。今から始めようとか思ってる奇特な人は大人しくPC版の2鯖でアカウント作ればいいと思うよ!


というわけで。今日はクールの終わり恒例で春シーズンまとめと夏シーズンのチェックなど。


○デュラララ!!
うん。これ、1クールで終わったと思って3ヶ月前に感想書いたけど、実は終わってなくて2クール作品だったという。お陰で繋ぎの話を1話分見逃してしまった。

1クール目は最後に帝人がダラーズの創始者だということが分かるというオチだったわけですが、それに続く2クール目は、メインキャラの高校生3人の残り二人の負けず劣らずなバックグラウンドが明かされるという展開で、1クール目に濃いキャラ達に囲まれて空気だった面々が、その濃いキャラ達を背景にしてしまうような活躍を見せるという構成の妙。流石は成田良悟の原作力。そして、それを支えるアニメとしての鬼のようなクオリティの高さ!

今期の作品で、ハガレンとデュラララは多分、あらすじを知っててもアニメとして十分楽しめたんじゃないかなあ。例えるならとらドラみたいな。実に安定しておりました。オサレ系のOP&EDも非常に良かったのであります。後どうでもいい豆知識として、杏里が「来良の制服を着た眼鏡の巨乳」という凄いアバウトな特徴で標的にされた辺りの放送の後に、成田良悟がTwitterで

杏里は来良学園で3番目に胸が大きいという設定に今決めた。来良の眼鏡っ娘では一番。

とか何とかつぶやいており、公式設定が追加される瞬間を俺達は見た。その設定は本編で描かれることはあるのだろうか…。


○鋼の錬金術師
5クール作品の5クール目ですね。正確には今週の日曜日が最終回。作品自体知ってる人が多いと思うので簡潔に書くと、最高でした。以上。もう少し書くと、漫画原作をコミックで書い揃えている上に前のアニメ版も当然見ている上でもなお面白かった。俺は脚本重視派なのでストーリーを既に知っているというのは相当なマイナスポイントですけども、でもやっぱり面白かった。つまり何が言いたいかというと、面白かった。強いて言うなら長かったのが欠点かな。必要にして十分な長さだったと思うけど。これを見てなかった人は本当に勿体無かったと思います!


○聖痕のクェイサー
地上波だと規制だらけでまともに見れないという、色々とカッ飛んだ作品。乳を吸って強くなる特殊能力者達という際立つ設定をとことんまで際立たせた怪作。どんなバカバカしいことでも真面目にゴリ押しすればギャグになるという、一見ひねったようで実は当たり前なコンセプトが清々しい。どこに出しても恥ずかしくないバカアニメでありました。特に無修正版ことディレクターズカット版な!俺は全話課金して見たよ!

「乳は掴んでも嘘はつかない!」
「巨乳や爆乳を超えた存在、超乳!
「巨乳?とても賛成できないな。金輪際、私の前で巨乳などと口にしてはいけないよ。お前は、そのままでいいんだ…。(C.V.大川透

名言が多すぎて困るわけで。ちなみに大川さんキャラ(ナトリウム使い・かなりの強キャラ)は、プロロリコンの愛称でファンから愛されています。

OPは前期(飛蘭)も後期(妖精帝國)も曲も絵も非常にカッコよく、これだけ見ていると普通に能力バトルモノにしか見えないのでOP詐欺とか言われてました。どうしてこうなった!?

豊崎愛生&日笠陽子のラジオといい、話題豊富で非常に濃い作品でありました。俺、割と堪能し切った気がする。原作単行本も買うかな。ちなみに最終回の終わり方は物凄く電脳学園偏に繋がりそうな感じだったので、と言うかむしろサーシャと華が学園に編入して終わってたので、割と2期あるんじゃないでしょうか。カーチャ様主役の番外編は既に確定してますけども。


○いちばんうしろの大魔王
これも結構前から地味にチャンピオンREDでコミカライズされてたりするので馴染みがあったり。将来の職業占いで魔王と判定された男が繰り広げる学園ラブコメディであった前半パートは概ね評判いいっぽい。そして、恐らく原作のストックを全て投入したと思われる後半の超展開(打倒神のバトルパート)は概ね評判悪いっぽい。まあそうだよね。今時真面目に原作の全消化をする必要あったのかなあ。たった1クールでは無理があるに決まってるわけで。大人しく学園ラブコメに終始してれば或いは今期最高評価も夢ではなかったろうに。おしいなあ。

キャストにスフィアメンバーが大量投入されてる関係でOPがスフィアだったりするわけですが、いや、明らかに後者の関係における前者だと思いますが、そういうわけでスフィアのCD初めて買いました。それで、メンバーの顔と名前が一致しませんといったらdieさんに怒られました。かしこ。

しかしまあ何だ。後半の超展開は超展開なのは間違いないとして、超密度の説明台詞を違和感なく超テンポで叩き込んできた脚本と演出の妙は評価されるべきかな。超展開と言えども説明不足ではないからな。多分。これは凄いところかと。後、最後のオチは割と好きだったり。

これは恐らく、スタッフは相当頑張ったんだと思いますよ。無茶言ったのであろうプロデューサー&スポンサーの皆さんが悪い。でもまあ面白かったと思います。


○Angel Beats!
大魔王が前半型なら、これは中盤型かな。最初と最後はイマイチ。中盤はほぼ手放しで面白かった気がするなあ。ともかく「天使ちゃんマジ天使」は今年の流行語大賞の有力候補で間違いない。何せ2chのMHF本スレでも流行ってるらしいからな!

個人的に、この作品は泣かせに来てるところはあざとくてちょっとアレな感じでしたが、ギャグパートは素晴らしかったかと。椅子が空をとぶネタ何回使うねん!みたいな。あれだけギャグそのものなネタで笑わせるのは、普通に話の中のボケツッコミで笑わせるよりもセンス要るよなあ。

とりあえず、keyからゲーム化したら買うと思います。全体的に明らかに尺不足だったし。後、久しぶりに見た緒方恵美のキャラはとてもいい役どころだったので、そういう意味でも楽しめた良作。

ところで、TKとは何だったのか。


○閃光のナイトレイド
ソラノヲトの後番組のアニメノチカラ枠。前作とは打って変わって、満州国建国辺りの中国で活躍する日本の特殊能力者集団・桜井機関の面々の活躍を描くという、比較的リアル路線な作品でありました。て言うかまあ、えらい地味な。くそ真面目に日本語・中国語・英語を駆使する脚本にはスタッフとキャストの努力が詰まっているとして、作画スタッフもBGMも頑張っててキャラクターそこそこ魅力的で悪くないのに、いかんせんストーリーが地味過ぎて色々と損してる感がアリアリと。

ソラノヲトも地味だったけど、アッチはまあキャラクターが分かりやすいけいおん系で、日常系アニメとしても見れたからなあ。リアル路線でこれはちょっときついぜ!俺は嫌いじゃなかったけど、これはもの好きしか見ないな多分。強いて言うなら、あの頃の歴史が好きな人にはオススメかも知れない。

しかしまあ、世間であまり見ないようなアニメを提供してくれるアニメノチカラ枠はある意味貴重な存在だと思います。マーケティング的な意味でちゃんと採算とれるのか大いに心配ですが、今後も応援していきたい所存。


○迷い猫オーバーラン!
恐らく、今期のアニメの中で俺が一番話題にしているアニメのような気がする。各話監督が違うというトンデモスタッフ構成で、しかも迷い猫オーバーランを題材に各監督が好き勝手やるもんだから、「○○監督の演出」みたいなのを議論するのが好きな人に大好評なのかと見せかけて視聴者には概ね不評というどこぞの実験アニメーションより実験してた感が素敵。だってお前。「グランブレイバー!」とか言っていきなりロボットアニメが始まるんだぜ?無駄に福山芳樹の主題歌付きで。

お話としては、最初のエピソードと、途中の千世が心を開くエピソードと、最後のエピソードできちんと一連の流れがあって、特に最後が割とまともなお陰で最後まで付いて行った視聴者的にはそんなに悪くない作品だったという感想を抱いてしまうという。途中はあんなにむちゃくちゃだったのに。オチって大事だねえ。

そして、この作品を語る上で外せないのが、主要ヒロイン3人による主題歌「はっぴぃ にゅう にゃあ」。これがな。


○総評
ハガレンとデュラララがガチでした。けいおん含めて他はお好みで。でも意外と、今一番面白いのはBS11で再放送してるゼーガペインかもしれん。今カミナギがセレブラントになった辺り。デビューしたての頃の花澤香菜のカミナギの演技もたまらんですよ!


○来季の見る予定
・オオカミさんと七人の仲間たち
・アマガミSS
・伝説の勇者の伝説
・世紀末オカルト学院
・ストライクウィッチーズ2
・あそびにいくヨ!

7終わって6増えるので合計1減った。他のは他の人の評判を聞きつつチェックしていこうかと。て言うか、ストパン2が楽しみすぎるな!ちなみにオオカミさんには釘様が出る。ありがたやありがたや。一方、あそびにいくヨ!にはスフィアメンバーが全員出る上に主題歌スフィア。っておい!


○今日のニコニコ


久しぶりにアイマスらしい紳士力の発現を見たぜ…!
0
    | その他まとめ | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback