Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
最近読んだライトな(ry
久しぶりにじょにーPから連絡があったと思ったら、下田麻美のイベントのチケット確保の指令だった。
<挨拶

ジョーです。こんばんは。

いや、何だ。こうさ。お元気そうで何よりです。

では、今日は早速本題。最近読んだラノベ的なものの話であります。


○イリヤの空、UFOの夏(1、2)
これは漫画の方ね。電撃文庫の秋山瑞人の原作は文句無しに傑作なのですけど、それの漫画が全2巻で完結したらしいと電撃のメルマガで知ったので、とりあえず買ってみた。

と言うかまあ何だ。あの濃密な全4巻の小説を漫画で全2巻は無理だろうと思ってたんですけど、思ってたよりも簡潔にまとまっておりました。主人公視点で見える物中心に、省けるエピソードを徹底的に省いたら、何か妙にテンポの良い作品に。原作はかなり重厚な持ち味だった気もするんですけど、まあ、これはこれで…。

漫画の方は、最後の「伊里野加奈のことが大好きだぁぁ!」に、不覚にも泣いた。原作読んだときは何ともなかったんだが…。オチを知ってるからなぁ。

「ラノベとか買って友達に噂されると恥ずかしいし…」というシャイな方は、つまみ食い感覚で漫画の方だけ読むのもアリかも知れません。もちろん原作のがオススメですが。


○とある飛空士への恋歌 ガガガ文庫・犬村小六
かの名作「とある飛空士への追憶」シリーズの新作。まあ、世界観を共有してるだけで、特に続編と言うことではない(はず)です。

今回は、革命で父と母を失った王子が飛行機技師の家に引き取られ、二人の姉と一人の同級生の妹に囲まれてキャッキャうふふしながら飛空士になり、妹と共にラピュタに乗って世界の果てへ!と、言うお話。

宿敵である革命の象徴=ニナ・ヴィエントの存在とか、盛り込んでる要素大過ぎだろ…。どうやってまとめるんだこれ。何か王子が国を追われるまでで既に紙面の半分を費やしてるんですけど。と、不安と期待を入り混ぜて読み進めると、案の定、主人公&妹がラピュタに着いたところで次巻へ続く!でした。

いやちょっと待て。お前。どうせ次巻に続くんなら、王子の幼少をもっと掘り下げるべきだろう。具体的には、王子と二人の姉と妹のキャッキャうふふを詳細に描くべきだろう。俺たちが一体どんだけ期待したと思ってるんだ!?

…とまあ、今後のエピソードでその辺りも補完されると良いですよね!と言うことで。ちなみに俺は妹派。


○撲殺天使ドクロちゃん 電撃文庫・おかゆまさき
知ってる人には今更なんですが。俺も某動画サイトでアニメの方はチラ見した気がするですが、この度、腰を据えて原作を読み進めてみようかと思い立った次第。

知らない人向けに本作をざっと解説すると、まあ、ブラックドラえもんとでも申しますか。主人公=桜くんが、将来、女性の成長を12歳で止めるために副産物的に不老不死の技術を発明してしまうので、それを止めさせるために未来からやってきたのが、我らが撲殺天使ドクロちゃんなのであります。魔法の釘バット=エスカリボルグを片手に、今日も桜くんを撲殺するのです。…と、言うお話。

うん。俺的には、バカテスよりもこっちの方が笑いのツボが近い。色々な意味でこの二作はノリはかなり近い物がある気がするんだが…。正統派よりもバイオレンス&不条理の方が好きなのかも。

と言うわけで、これは普通に面白かったり。サバトちゃんの声の脳内再生は余裕だったり。これは続きも買おう。


○ソードアート・オンライン(1)電撃文庫・川原礫
アクセルワールドの人が、アマチュア時代に書いたWeb小説の文庫版。アクセルワールドが面白かったので買ってみました。で、やっぱ俺もこっちのが好きだなぁ…。

本作は、MMORPGの世界にダイブした1万人のゲーマーが、全100階のダンジョンを制覇するまで現実世界に戻れなくなり、しかもPCが死ねば現実の自分も死ぬという状況に立たされるというお話。

でね。この作品ね。作者のMMORPG愛が溢れているというか。「俺はこんなゲームがやりてぇぇっ!」「その世界で俺はこういうことがしてぇぇっ!」っていう、想像力逞しい人間なら誰もが一度は思う夢が詰まっております。

・MMORPGの世界に自分がダイブ!
  →言わずもがな。
・ゲームの世界から脱出できない。PCが死ねば自分が死ぬ。
  →例え2年間であっても延々とゲームやり続ける最高の口実。
・100階を制覇すれば現実に戻れる。
  →クリアできれば現実でも1万人の命を救ったヒーロー!
・主人公は1万人に1人の超絶ユニークスキルの持ち主。
  →MMORPGなら最高のステータス。
・かつて所属したギルドが〜
  →中二病的な格好良さが炸裂。
・主人公、ヒロインとごにょごにょ。
  →言わずもがな。て言うかもうお前死ねばいいよ。
・ラスボスがアレ。
  →中二病的に最強。
・最後は愛が勝つ。
  →もう許してやれ。

いやぁ。でも凄い面白かったわけですよ。この小説、中高生ならきっとハマるに違いない。俺も大好きだ!


…では、続きはまた次回。


○今日のニコニコ


今更感があるんですが、何か紹介するタイミングが無かったので。
俺、ひょっとしたら、かなりの高確率でけいおんよりも咲の方が好きかもしれん。
0
    | 読書感想文 | comments(0) | trackbacks(0) |
    Comment









    Trackback