Search this site.

Author

Twitter

Moclock

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Category

Hot entry

Recent entry

Comment

Trackback

Link

Kugimiya

Recommend

Mobile

qrcode

Entry: main   <<  >>
とある飛空士への追憶
ペルソナ4してたら週末が終わった件。
>挨拶

ジョーです。こんばんは。

そんなわけで土日は延々とペルソナやってて、久方ぶりにゲームやりすぎて頭痛くなったので、今日はバファリンをオーバードーズ気味。今日だけでやさしさに満ち溢れた気がする。ちなみに、現在絶賛三股中。

俺は深く考えずにこのゲームの主人公に名前を付けたわけですが、そう言えばこのゲームはギャルゲーだったという事実をすっかり失念していたことに気付いて戦慄しました。ちょ、おま、そこのけしからんヒロインの諸君。ジョーくんとか呼ばないで。

最初は「水瀬くん」だったから何とも思わなかったけどなぁ…。仲良くなったらこれだからなぁ…。破壊力高すぎるぜ…。ルイズとシエスタと、後ついでにカレンとか、ラインナップがヤバイだろう。常識的に考えて。

ペルソナ4のどこがどういう風にけしからんゲームであるかはクリアしたら詳細を紹介するとして、今日はレビュー待ちがたまってきた読書感想文など。


○とある飛空士への追憶(ガガガ文庫・犬村小六)
ys先生に進められてゲット。「おまたせ重版!」って腰帯が巻いてあったので、恐らくはカルトに人気が出てきた作品なんじゃなかろうかとか想像してみる。

「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」
「次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ」

この作品、身も蓋もない書き方をすれば、ライトノベル版「ローマの休日」に他ならないですね。でもまあ、それは読み方にもよって、太平洋戦争レベルの空戦をテーマに、一人のパイロットに焦点を当てて描いた空戦小説という書き方も出来る。ローマの休日と空戦とどっちが主題かって言えば難しいので、結局のところ「恋と空戦の物語」という腰帯が正しい。

そんなわけで本作。主人公=シャルルは、戦時中の二つの国の人間を親に持つハーフと言う被差別階級の人間ながら、皇国空軍のエースパイロット。そんな彼が、皇子の婚約者であるヒロイン=ファナを複座の偵察機=サンタ・クルスの後部座席に乗せて、単独での敵中翔破を行った数日間の物語。

いやぁ。この作品、実に王道です。かつて絶望の淵にいたシャルルを支えてきた幼き日のファナとの出会いの思い出とか、最初はお互いロクに口もきかなかったくせに、徐々に打ち解けて最後には名コンビになってる過程とかいう「恋」の展開もそうですけど、圧倒的に性能に劣る機体を駆っての14対1とか、最後の壁となって立ちはだかる因縁の敵エースとの死闘とか、その決着とかの「空戦」の展開も。見たいシチュは大抵抑えてあるという意味で、ものすごい手堅い構成。

「僕だけなら撃ち落されてもいいけど。ファナもいるから」

「あなたのおかげで生きている」

ファナを守るために、大怪我をしつつも神懸った回避でひたすら粘るシャルル。そんなシャルルを少しでも助けるために力になろうとするファナ。実に良いコンビです。最近こういうのに弱い。ええと。Production I.Gから劇場アニメ化の際には、下野紘&釘宮理恵コンビでよろしくお願いします。

命の保障などは無い敵中翔破。もし仮に、運良くそれを成し遂げられたとしても、ファナは皇子の妃となり、シャルルは多額の褒賞と引き換えにファナの前からは消えなければならない。ならばいっそ二人で誰も知らないところまでサンタ・クルスで逃避行するか、と思っても、そんなことをすれば世界が大混乱に陥るのは目に見えているし、何よりも二人の信念がそれを決して良しとしない。

何と言うかこう、ここまで手堅い展開で行くんなら、最後はシャルルが死ぬ以外に物語に落としどころが無いよなぁ…と思いつつ、シャルルが死ぬ展開を三つくらい思いつきつつ、そして二人の別れ。予想は鮮やかに裏切られました。それはもう鮮やかに。俺はこのシーンでようやく分かりました。この作品はつまり、こういう話であったと。

世の中にはこんなにもたくさんの名作があるのか!と、読書の素晴らしさを再認識する今日この頃。また何かオススメがあったら教えてください。>皆様


それにしても、読み終わった後に改めて見ると感慨深い表紙です。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)

ちなみにエピローグの方は…。アレは反則だろうw
0
    | 読書感想文 | comments(2) | trackbacks(0) |
    Comment
    気に入ってもらえてよかった。他にも何かないかと本棚を眺めてみた。

    ・第六大陸:小川一水 早川書房
    ・復活の地:小川一水 早川書房
    ・導きの星:小川一水 角川春樹事務所

    どんだけ回し者なのかと。まず「第六大陸」をぜひ。
    Posted by: ys-22 | at: 2008/08/27 12:17 AM
    回し者すぎますw

    ボチボチ探してみますね。
    Posted by: ジョー | at: 2008/08/27 7:32 PM









    Trackback